【保存版】WordPress 新規投稿の方法

ワードプレス 新規投稿の方法

誰でも簡単に作れるブログサービスとして、一番注目されているのが「ワードプレス」ですよね。

ただ、簡単とはいっても、無料ブログとは違ったいろいろな機能があったり、専門的な用語が出てきたり…初心者にとっては、慣れるまでに時間がかかってしまうかもしれません。

そこで、今回は、ワードプレスの基本中の基本である記事の投稿の方法について、ひとつずつわかりやすく見ていくことにしましょう。

一通りの操作を覚えてしまったら、慣れでスラスラ更新できるようになるので、ためらわずに、どんどん更新してみてくださいね。

タイトル

ワードプレス タイトル

タイトルは、記事の構成で一番といっていいほど「重要」な部分です。

タイトルをつける際には、タイトルに「キーワード」を入れ、文字数を32文字以内にまとめるようにしましょう。

本文の編集方法

本文を入力します。入力方式は、「ビジュアル編集」と「テキスト編集」の2通りがあります。

それぞれ、該当のタブをクリックすることで選択が可能です。

wordpress-new-post

ビジュアル編集

wordpress-new-post

実際に表示される内容を確認しながら編集ができます。文字の色、画像、配置など、HTMLに詳しくない方でも簡単に感覚的に編集が可能です。

段落の部分を選択すると、記事に挿入できる各見出しを設定できます。

そのほかの記号は、カーソルをあてると、どのような編集機能なのか表示されるため、必要に応じて、使い分けながら編集していきましょう。

テキスト編集

wordpress-new-post

HTMLコードを入力しながら、記事の編集ができます。基本的に設定されているタグを指定しながら編集したり、自分で直接タグを打ち込んで記入していくことも可能です。

もちろん、ビジュアル編集とテキスト編集を、編集途中で使い分けることも可能です。

メディアを追加

wordpress-new-post

記事内に、画像や動画などを挿入することができます。

メディアを表示する場合は、表示したい位置にカーソルを合わせた状態で、「メディアを追加」をクリックするようにしましょう。違う位置に合わせた状態で、画像を挿入すると、編集画面が崩れたり、修正が面倒になったりする可能性があるためです。

wordpress-new-post

新しい画像を挿入する場合

① ファイルのアップロード

wordpress-new-post

「ファイルをアップロード」を選択し、「ファイルを選択」から挿入したい画像を選択する、もしくは、画像を画面中央まで直接ドロップする方法のどちらかで、画像を読み込ませます。

② メディアの編集

wordpress-new-post

画像の読み込みが終わると、読み込まれた画像が「メディアライブラリ」に表示されます。

タイトル・キャプション・代替えテキストなどを記入し「投稿に挿入」をクリックします。

③ 挿入画像の確認

wordpress-new-post

記事編集画面に移動し、指定した位置に画像が表示されているか確認します。

既存の画像を挿入する場合

① メディアライブラリから選択する

wordpress-new-post

すでに取り込まれている画像の中から画像を挿入する場合は、「メディアライブラリ」を選択し、メディア一覧ページを開きます。

② 画像を検索する

wordpress-new-post

メディアの種類(画像、動画、音声など)・画像を取り込んだ月・画像のタイトルなどの検索などを使用しながら、対象画像を検索してチェックした後、先ほどと同じように、「投稿に挿入」します。

動画を挿入する場合

① URLから挿入するを選択する

wordpress-new-post

YouTube動画などを挿入する場合は、画像の挿入時とおなじように、「メディアを追加」をクリックし「URLから挿入」を選択します。

② YoutubeのURLをコピーする

wordpress-new-post

挿入したいYouTube動画のページに移動し、画面の下の「共有」を選択した後、表示されるURLをコピーします。

③  URLを挿入する

wordpress-new-post

挿入したいYouTubeのURLを入力すると、対象のYouTube動画が表示されるので、そのまま「投稿に挿入」をクリックするだけで、画像と同様、編集画面に挿入されます。

参照:WordPress プラグインAkismetの登録方法

パーマリンク

パーマリンクとは、記事のURLになります。最初の画面では表示されていませんが、タイトルを入力すると、自動的に表示されます。

wordpress-new-post

通常、タイトル名と同じ文字列が設定されますが、日本語表記のままでは、HTMLで表記した場合に、表示URLが長くなりすぎてしまうことと、内容がわかりにくくなるというデメリットがあるため、必ず、記事の内容を簡潔に表した英語表記を用いるようにしましょう。

wordpress-new-post

英語表記に変更するには、パーマリンク表示の右側にある「編集」をクリックし、任意の英語表記に書き換えた後、OKをクリックすると変更できます。

wordpress-new-post

公開

編集した記事の公開状況を設定できます。

wordpress-new-post

下書きで保存

編集した記事を一時的に保存します。(公開されません)

プレビュー

編集した記事が実際にどのように表示されるかを確認できます。

ステータス

ステータス

初期設定では「下書き」となっています。記事が公開されると、「公開済み」に変更になります。一度、記事を公開したものの、何らかの事情により、再度下書きに変更したい場合は、「編集」をクリックし、ステータスを変更します。

また、「下書き」「公開済み」の他に、「レビュー待ち」という項目がありますが、これは、複数で管理している場合に使用される機能であるため、1人で管理する場合には使用しません。

公開状態

公開状態

公開・非公開を設定できます。ここでの「非公開」は、先ほどの「下書き」とは違い、記事は作成されるものの、ログインした状態のユーザーのみ、記事が閲覧できる設定なります。

また、パスワードを設定して、閲覧制限を設定することもできます。

公開日時

公開日時

初期設定では、「すぐに公開する」に設定されています。これは、日時を特に指定せず、記事を作成した時間が投稿日時に設定されます。

すぐに公開する

投稿日時を変更したい場合は、「編集」をクリックし、希望する日時に変更します。現在の時間より以前の時間に設定して、記事の投稿順序などを調整したり、先の時間を設定して、予約投稿設定をすることも可能です。

公開日時

現在の時間よりも先の日時を設定すると、「公開」の部分が「予約投稿」に変更されます。「予約投稿」をクリックすると、希望した日時に、自動的に記事が公開されます。

ゴミ箱へ移動

作成中、もしくは、作成済みの記事を削除(ゴミ箱へ移動)します。

カテゴリー

カテゴリー

カテゴリーの選定

記事の内容にふさわしいカテゴリーを設定します。カテゴリーは一記事に複数のカテゴリーを設定することも可能ですが、特別な事情がない限り、一記事に対し1つのカテゴリーを設定するようにしましょう。

カテゴリーの新規追加

カテゴリーの新規追加

カテゴリーを新規で追加する場合は、「新規カテゴリーを追加」をクリックし、希望するカテゴリー名を入力します。

すでに作成されているカテゴリー(親カテゴリー)の下にさらに細分化したカテゴリー(子カテゴリー)を設定したい場合は、該当するカテゴリーを「親カテゴリー」の中から選んで設定します。

カテゴリーの新規追加

すると、下図のように、指定した親カテゴリーの下に追加したカテゴリーが設定されます。

新規カテゴリー追加

ここで作成したカテゴリーは、カテゴリー名以外の詳細設定をすることができません。そのため、新規投稿画面にてカテゴリーを追加した場合には、必ず、後述する「カテゴリー」セクションにて、各カテゴリーの詳細設定を行うようにしましょう。

タグ

タグ

タグは、カテゴリーとは別に、関連する記事同士を特定のキーワード(タグ)にて紐付ける役割をもちます。設定できるタグの数に制限はありませんが、1~3個ほどのタグを指定するのが一般的です。

タグの新規追加

新しいタグを追加する場合(これまで作成した記事で使用されていないタグを指定するとき)は、タグに使用したいキーワードを入力し、「追加」をクリックします。

タグ

複数のタグを一度に追加したい場合は、それぞれのキーワードを半角コンマで区切って指定します。

タグ

入力ミスやタグを削除したい場合は、×をクリックするだけで、削除することができます。

既に登録済みのタグから選択

すでに一度、登録したことにあるタグから選択することもできます。

タグ

「よく使われているタグから選択」をクリックすると、これまで多く使用したタグが下部分に表示されます。使用したいタグをクリックするだけで、追加することができます。

タグ

また、使用したことはあるのに、「よく使われているタグ」に表示されていないタグの場合は、入力欄にキーワードを打ち込むと、候補となるタグ(キーワード)が入力欄下に表示されるので、候補キーワードの中から該当するキーワードを選択して追加しましょう。

ここで追加されるタグも、先ほどのカテゴリーと同様、タグ名以外の編集ができないため、新しいタグを指定した場合は、必ず、「タグ」セクションにて詳細設定を行うようにしましょう。

アイキャッチ画像

アイキャッチ

アイキャッチ画像とは、記事の最初または、記事一覧表示時などに表示される画像のことで、記事の内容に沿った画像を設定して、読み手の関心を引くことを目的としています。

アイキャッチ

アイキャッチ画像を指定するには、「アイキャッチ画像を設定」をクリックし、先ほど、記事に画像を挿入する方法と同様、アイキャッチに設定したい画像を選択するだけでOKです。

抜粋

抜粋

抜粋は、記事の要約を記入する部分になります。抜粋を指定しない場合は、記事の一覧表示の際、記事の書き出し部分から自動的に表示されますが、「抜粋」に記事内容の要約を記入することで、記事の一覧表示の際に、ユーザーに記事の要約を表示させることができます。

但し、テーマの設定によっては、反映されない場合もあります。

トラックバック送信

トラックバック

トラックバックとは、記事内に他のサイトのリンクを貼った場合、そのサイトにリンクを貼ったことをお知らせする機能のことをいいます。トラックバックを送信すると、リンク先のサイトに、自身の記事のリンク付きでトラックバックしたことが表示されます。リンク先のサイトのトラックバックURLを入力することで、トラックバックが送信されます。

カスタムフィールド

カスタムフィールド

カスタムフィールドとは、記事に様々な情報を追加設定する場合に使用します。

設定方法は、プログラミングなどの知識がないと難しいですが、お使いのテーマ、もしくは、サイトの使用目的によっては、カスタムフィールドが自動的に設定され、該当の箇所に「値」を記入するだけでいいものもあります。

ディスカッション

ディスカッション

記事毎に、コメントやトラックバックの受付可否を設定することができます。

スラッグ

スラッグ

スラッグとは、先ほど「パーマリンク」の部分で設定したURLの部分のことになります。スラッグを指定すると、自動的に、パーマリンクのURL表記部分も変更されます。

作成者

作成者

作成者は、複数で管理している場合、記事の投稿者を指定することができます。

表示オプション

表示オプション

新規投稿画面上部にある表示オプションで、これまで紹介した様々な機能の表示設定を変更することができます。表示オプションの▼をクリックすると、下図のように各項目が表示されます。

表示オプション

記事の編集で、通常使用する項目のみチェックをすることで、編集画面を調整することができます。また、使用したい項目が表示されていないなどというときは、この表示オプションのチェックが外れていないか確認するようにしましょう。

まとめ

細かい設定なども、面倒くさがらずに丁寧に作業していくことで、一つ一つの記事が資産となって、結果につなげていくことができます。

あとからまとめてしようなどと思うと、どんどん、後回しになってしまいます。小さな作業でも、記事数が多くなればなるほど、その効果の度合いにも違いが出てきてしまうもの。

せっかく時間をかけて作成した記事を、より多くの人の目に留めてもらえるようにするためにも、細かいところまで意識して、良質な記事を作成していきましょう。