WordPressの固定ページが表示されないときの対処法

WordPressをはじめたばかりのユーザーのトラブルで多いのが、作成した固定ページが表示されないというもの。

せっかく作成されたのに、サイトを表示してみると、記事が見当たらないと焦ってしまうことがあります。

今回は、そんなときにチェックして欲しいポイントと対処法を紹介していきます。

投稿ページと固定ページの勘違い

先ほどもお伝えしたように、投稿ページと固定ページの編集画面は、よく似ているため、まだ使い始めのユーザーは、記事を書こうとして固定ページの編集画面に作成してしまっている場合があります。

固定ページに記事を作成した場合、意図的に表示させなければ、サイト上では確認することができません。

作成したページが、投稿ページか、固定ページかをまず確認してみましょう。

リンク先の未設定

固定ページを表示させるためには、作成した固定ページのリンクをサイト上のどこかに意図的にリンクを貼る必要があります。

リンクを貼る場所は、サイトのトップ画面のグローバルメニュー、サイドバー、もしくは、各記事のの最後などが一般的です。

メニューバーに設定する

ダッシュボード左側 「外観」>「メニュー」を選択します。

メニュー画面が表示されたら、固定ページを選択し、メニューに表示させたい項目にチェックを入れ、「メニューに追加」をクリックすることで設定できます。

固定ページ

もし、手動でメニュー内容を設定せず、自動的に固定ページをメニューに追加していきたいという場合は、その下にある「固定ページを自動追加」にチェックを入れます。

メニュー

設定が反映されると、トップページにメニューバーが作成され、それぞれのメニュー(リンク)から、各固定ページにアクセスすることができるようになります。

メニューバー

サイドバーに設定する

サイドバーに設定する場合は、ウィジェット機能を利用します。

「利用できるウィジェット」から「固定ページウィジェット」をサイドバー枠までドラッグ&ドロップで移動して追加します。

ウィジェット

固定ページウィジェットを挿入することで、サイドバーに作成した固定ページの一覧が表示されます。

細かい設定を追加したい場合は、次のように設定します。

固定ページウィジェット

タイトル:固定ページ一覧表示のタイトルを設定します。

例)メニュー、サービス一覧 など

並び順:固定ページの表示順を設定します。

ページタイトル、ページ順、ページIDの中から、お好みのものを選択できます。

除外ページ:固定ページの中で、サイドバーに表示したくないページを除外できます。

除外したいページIDは、編集ページでアドレスバーに表示される「post=○○(数字)」の部分の数字のみを入力します。

固定ページ

もしくは、固定ページ一覧で表示されているタイトル部分にカーソルを当てると、画面下に先ほどと同じアドレスが表示されます。

固定ページ

ここで表示される 「 post=数字 」の部分が、固定ページの番号になります。

固定ページウィジェット

それぞれの項目を入力し、保存をクリックすると設定が反映されます。

これらの設定をすることで、サイドバーに固定ページが表示されるようになります。

サイトの表示方法の設定

サイトの表示設定を変更することで、固定ページを表示させることもできます。

通常、Wordpressの初期設定では、「投稿」で書いた記事が「新着記事」として更新順に表示されていくのが一般的です。

しかし、常に更新された記事をトップページに表示するブログ型ではなく、サイト型としてトップページに表示される内容を固定したいという場合もあると思います。

そのような場合には、サイトの表示方法の設定を変更すると、意図する固定ページをトップページに表示させることができるようになります。

表示設定の変更

まず、ダッシュボード左側の「設定」 > 表示設定を選択します。

表示設定

「表示設定」のページが表示されたら、「フロントページの表示」を「固定ページ」にします。

次に、フロントページの部分を開くと、これまでに作成した固定ページに一覧が表示されるので、その中から、トップページに表示したいページを選択します。

選択したら、ページの一番下の「変更を保存」を忘れずにクリックして、反映させることで設定できます。

<参考:カスタマイズページでの設定変更>

表示設定の変更以外に、ご利用のテーマによっては、カスタマイズページからトップページの表示設定を変更することも可能です。

外観 > カスタマイズ を選択し、「固定フロントページ」を選択します。

固定ページ

初期設定では「最新の投稿」に設定されています。

これを、先ほどと同じように、「固定ページ」> 「フロントページ」から 表示したい固定ページを選択すると、下のように、トップページが変更されます。

固定ページ

表示を確認後、「保存して公開」をクリックすることで設定が反映されます。

まとめ

WordPressを使い慣れないうちは、固定ページと投稿ページの区別や、それぞれのページの設定方法、表示方法などで戸惑うこともあるかもしれません。

そのため、サイトを作成するときには、まず、サイト構成を始めにしっかり考えたうえで、必要な固定ページを作成し、メニューの作成、フッターの作成、サイドバーの表示項目などをあらかじめ考えたうえで、サイトを作成し、記事の更新を進めていくようにすると、迷わず作業をすすめられますよ。